« 長文が出来ないのに長文をやる? | トップページ | 5年ぶりに政治の話・・・安保法案の件で思ったこと »

2015年8月31日 (月)

何事もバランスが大事・・・清潔さもほどほどに

 少し前にあるテレビ番組で、ダニアレルギーの最新治療を取り上げていた。それは、ダニから抽出した成分を含むエキス、言うなればダニエキスを体内に取り入れ、それによって、アレルギー物質に対して、徐々に体を慣らしていくというものだ。まさにダニはダニで制す、なのだ。

 これが最新治療なのかと、最初はちょっとズッコケたが、ああ、でもやっぱりそういうものだよなと、大いに納得がいった。やはり自然の摂理として、汚いものや嫌なもの(といっても人間の勝手な基準によるものだが)でも、排除すれば済むというものではなく、ある程度付き合わざるを得ないのだなと、改めて思った。

 ダニアレルギーの原因は、言うまでもなくダニだ(もう少し正確に言うと、ダニの死骸や糞のようだが)。であれば、ダニアレルギーを防ぐには、ダニを排除すればよいと考えるのは、ある意味理に適っている。

 でも現実には、ダニを完全に排除するのは無理なはずだし、そもそも、ダニは身近に普通に存在するもので、それを完全に排除しようとするのは、自然の摂理に反する気がする。また人間が、そうしたものを排除しなければ、生きられない存在となるのも、やはり自然の摂理に反する気がする。

 ダニによって起こる問題に対処するために、ダニを避けたり、排除したりしようとしたものの、上手くいかず、結局ダニと適度に付き合うことが、一番よい解決策だった、というのは何とも皮肉な話だ。わざわざダニからエキスを作って注射するくらいなら、初めからダニに接して、免疫を作っておけばよかったのだ。

 ちなみに、ダニの問題とは同列に扱えないかもしれないが、スギ花粉症においても、注射などで、花粉の成分を含んだエキスを体内に入れる、という治療法が有効なようだし、食物アレルギーでも、原因となる食物を少しずつ摂取していく、という治療法が有効なようだ。少なくともこれらも、排除だけでは対応に限界があり、適度に付き合う方がむしろ効果的だ、という例だろう。

 前から思っているのだが、とかく日本人は、衛生面に関して神経質すぎる。しかも、真面目さ、ストイックさも手伝って、汚いもの(あくまでも人間基準)を徹底的に排除しようとする。その結果、そうしたものに対する免疫(抵抗力)が弱くなって、それを補う薬などで対抗しようとする。日本人は真面目だから、この点でも頑張って、よい薬を作ったりするが、元々人間側に抵抗力がきちんとあれば、本来そのことは、やる必要のなかったことだ。しかもその薬が、ダニから作ったダニエキスだったりする。

 せっかくの日本人の真面目さを、そうした本来やる必要のなかったことに向けてしまうのは、もったいない。もっと大局観に立って行動してほしいものだ。ダニエキスの件で、せっかく自然界から、もはや排除だけでは、問題は解決できないことを教わったのだから、共存の方向にかじを切り、多少問題となるものがあっても、別に排除せずに生きていけるよう、人間側が変わるべきだ。

 もちろん、既にアレルギーの方は、そんな悠長なことは言っておれず、とにかく今の症状をおさえる対応が必要なのも、理解しているつもりだ。でも根本的な方向転換をしないと、人間側の抵抗力が弱まって、新たな薬などで対応し、その結果また抵抗力が弱まってと・・・どんどん人間が弱くなっていく、この悪循環が止められないと思う。

 ダニエキスの件をきっかけに、真面目な日本人が、近視眼的に事を進めるのではなく、大局観に立った、自然の摂理に反しない、バランスのとれた考え方をしてくれることを望みたい。人間だって自然物なのだから、自然な状態からあまりにもかけ離れた環境で生きようとするのは間違いなのだ。

|

« 長文が出来ないのに長文をやる? | トップページ | 5年ぶりに政治の話・・・安保法案の件で思ったこと »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566733/62192396

この記事へのトラックバック一覧です: 何事もバランスが大事・・・清潔さもほどほどに:

« 長文が出来ないのに長文をやる? | トップページ | 5年ぶりに政治の話・・・安保法案の件で思ったこと »